ハープのフラジオ どうしても避けたい場合 フラジオの逃げ方(?)

DSC_0444(しばらく使っていなかったペンタブの「ペン」が紛失中(泣) 仕方なく紙に書いて写真を撮ることに。)

さて、今夜はハープの「フラジオの逃げ方(?)」について。

練習では挑戦してみる方が良いと思いますけど
今日は、
どこかで弾く等の場合で、どうしても弾けないのでフラジオを避けたい場合。

といっても、方法といえるような難しい物ではありません。

フラジオ記号が付いている音の
オクターブ上を実音で弾く

という方法です。



フラジオで弾くと、音色も変わりますが、書かれている音よりもオクターブ上の音が鳴る事になります。(画像参照)


どうしても避けたい場合や、聞こえにくい場合など、状況によっては、「オクターブ上をそのまま弾いてしまう」という事も時にはありです。

よくオーケストラのハープで、これは曲によりますが、フラジオだと本当に聞こえない場合があって、そんな時は、フラジオ+オクターブ上を実音で重ねて弾いたりする事もあるんですね。

これはこれで綺麗だったりするんですけどね。

そんな訳で、今夜は「フラジオの逃げ方w」でした。


嗚呼・・もう6月。 
早すぎます。


時間よ止まれ・・。
 


 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.