ハープの奏法より これもあれもアルペジョ

arpeggio

画像(左)の様に、和音に波線が書かれている場合もアルペジョと言いますが、

画像(右)の様な場合も同様にアルペジョと言われます。

 

Arpeggio(アルペジオ、アルペジョ)は、Arpa(ハープ)に由来するように、ハープらしく

ハープでは当たり前のように使われている弾き方ですよね。

画像にある左右どちらのアルペジョも、ごく普通に使われている形ですが

この他に

上行形で長く連続するアルペジョもあれば、もちろんその逆、
下行形のアルペジョ

そして

上行形と下行形のまざったアルペジョもなどあります。

つまり、アルペジョとは、和音を分散させた形といえます。

さて、

近いうちにまた動画をアップしたいと思っています。

パッ!と撮れれば良いのですが

なかなかそうも行きません( 〃▽〃)

(^^;

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.