ラップハープを立って弾く件のご質問 Q&A

少し前に、サウルを肩から下げて弾いた、この写真をアップしたことがあります。

7lyhNvZZCG5fQY51509893926_1509894047-1
ISgSiONbh2RkrNW1510910158_1510910324
今日は、ご質問を頂いたので
ブログでお返事させて頂きます。

Q:
立ってサウルハープを弾こうとしたところ、ハープが少し揺れて安定しないのと、重さであきらめました。


A:
実は、私もこの2箇所で弾いたのが
「初」だったのですが
最初はしばらくの間
模索しながら練習していました。

主人に

「どうしたら楽器が動かずに弾けるんだろうね」

と聞いたところ

「皆、不安定な中弾いているんじゃない?」

と言われ、
非常に納得しました。

 

ベルトの長さや
角度
姿勢
等..

普段練習する中で、
自分に合った所を探し
とにかく毎日毎日慣れるために
弾く当日まで続けた

という感じです。

 

私も教わったわけではないので、実際どうなのかよく分かりません。。。

 

ただ、体に結構負担がかかるので
普段から鍛えていた方が
良いように思います。

 

練習は2つの方法でやりました。

・体の負担を減らすため、暗譜までの練習は、普段通りに台か、膝のせで練習。
・立ち弾きに慣れる為に、立って楽器を下げて練習。

普段普通に弾いて弾けていたものでも

状況が変わり
肩から下げると
注意散漫になり

レバーを外したり、
暗譜を忘れたり

最初は、色々出てきます。

 

なので、結構な時間
肩から下げて弾く練習がどうしても必要になるのが、

体にとってちょっと・・・
大変なことかしれませんけどね。。

やり過ぎると気分悪くなります。
なので様子を見ながら。。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.