先日の写真 FMえどがわから パートナリティは市川洋子さん  他コロナの話し






じゅ、十五年ぶり。。

何ざましょ。この年数。
信じられません。
妖精が妖怪になるのに十分な年月です。




市川さんは全くお変わりなく、しかも更に更に確実に技術を極めていらっしゃいました。流石です。




昨日のセットリストは

・ルパン3世のテーマ
・まんが日本むかしばなし
・小さな旅テーマ曲




でした。




後世に伝えたい昭和の日本のテレビやドラマからの名曲、というテーマを自分で決めて選曲しました。

生放送は、市川さんのおかげで無事に終わりまして感謝しています。




今年も菜の花と桜のコラボが。




ところで、今日は土曜日ですが
郊外に遊びに来ている車が異常に多く、まるで夏休み・・・? 




かの様で驚きました。




家にずっといてつらい、という気持ちは分かりますが、




「何かが起こる」




というのは、今まで当たり前だと思っていた平和な日常がなくなり、不便な事ばかりになる事を言うのでございますよ。 




本当の戦争から比べたら、今の日本の状況は実際はまだ何もないに等しいレベルだから行楽に行けるのかもしれませんが、もしかして、もう




あの311を忘れてしまったのでしょうか?




戦争を経験していない私達平和ボケ世代にとっては、あの災害は最初に経験した大きなものだったと思いますが、




コロナの状況が好転するしないに関係なく、私たちがいまだに私利私欲ばかりで調和を学ばないと、今度は別の形で、更に大きなショックを伴う気づきを経験させられる事になるのではないかと、思うのです。




それと最近、他の国でも空気が随分綺麗になっていると言われていますが、




人間がどれだけ地球を汚していたかを知る時で、コロナが終息した後も、この環境を保って行けるように自然を、動物を、地球をいたわって生きて行きましょうよ、と思う今日この頃でございます。




ともかくしばらくは自分も感染していると思って行動するのは良いのではないかと思います。
日本のために。




皆さんはどう思われますか?




それでは。




また!






Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.