小型ハープ 手の位置、構え方 正面から見てみます

先日の、悪化した虫刺されによるひどい痒みは、保冷材で冷やすというアドバイスを頂き、今はかゆみが止まりました。

水ぶくれがgrowしている感覚もありません。お陰様でやっと普通の生活が出来ます。



主人は私のジクジクの傷口を見て

エイリアン~

と言って逃げていました。

 

今度言われたら、階段を四つん這いになって部屋まで追いかけて行きます。

エ「逃がさん~」

 

 

さて、

痒みが落ち着いたところで

今日はハープの構え方を正面から見て行きたいと思います。

 

まずは前回の確認から。

楽器と顔の距離
少し開けるんでしたよね。

全体を見渡せますから。

念のため、今日は弾き手目線からも撮っておきます。

 

楽器は
「真っすぐに置いていない」
事にお気づきでしょうか。

それでは正面から見てみます。

右手側↓

左手側↓

こちらは楽器から常に離れます。

楽器をはずしてみると
カタカタの「ハ」

の様な感じになると思います。

それでは最後にもう一度。

分かりましたでしょうか。

ということで、今日はこの辺で。

それでは。

また☆彡

小型ハープの構え方 この位置で弾くと両手を放してもグラグラしません

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.