小型ハープ初心者のための、かんたんレバー設定

コロナのお陰で一人で楽しむ時間が増えていることで、小型ハープの人口も増えている感じがする今日この頃です。

小型ハープ初心者の時に、最初に戸惑うのがレバーの事ではないかと思うのですが、皆さんの時はいかがでしたでしょうか。

始めた頃を思い出してみてください。

レバーを全て下げた状態でE♭のキー(=Es dur=変ホ長調)になっていることで、一瞬フリーズしてしまった方も多いのではないでしょうか。

楽器自体が初経験で、これからドレミ・・から覚えようとしている時に、いきなり「E♭キー云々・・」と言われても、かなりハードルが高いかもしれません。

ですが、

普通のドレミファソラシド だったらどうでしょうか。

これを見たら少し安心しませんか?👇

フルレバータイプの楽器で、「ラシミ」のレバーを上げた状態がこれです。



パニクッに陥った時は、一旦この状態に戻してから考える様にされてみると良いと思います。これができればあとは簡単です。



この場合は、最初の画像のレバー設定に加えて、👆全ての「シ」のレバーを「下げれば」良いわけですし



この場合は👆全ての「ファ」のレバーを「上げれば」良いわけです。

◆実際のレバーの状態は下に写真をおいてありますので宜しければどうぞ。👇

レバーハープでの演奏。 楽譜の最初のレバー設定が分からないという方へ。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.