本日大荷物とともに戻りました。

ikkan
今回の帰省目的はこれです。 

一閑張りのバックと壁掛け(おぼん)を取りに行く事でした。

一閑張り、とも 一貫張り とも書くようですが、竹カゴなどに和紙を何層も張り、最後に柿渋を塗ったものを言うそうです。

柿渋には防虫、防腐、防水効果があるようですが、これは更に上から軽い艶出しのコーティングをしています。

 

私も最初は、

紙でしょ・・すぐ壊れるんじゃないのか、と思いましたが、昔の人ってすごいですね。

竹と和紙なのに、お互いが密着すると、とても硬くなって丈夫になるのだそうです。

しかもすごく軽いです。


これは、柿渋を使っているので茶色のコーティングになるので、色合い的には少し暗め、昔ながらの一閑張りという感じの様です。

行ったら春の新作まで着手していてびっくりしましたが、完成間近の様子をみたところ、これとは全く違ったタイプの、少し洋風な一貫張りで明るく春らしい、淡い感じの女性好み風な花模様シリーズです。

淡いピンク系。完成品を見るのを楽しみに待とうと思います。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.