私がハープ編曲で面白いと思う部分。皆さんはいかがですか。

フランス和声を習っていた頃、当時教わっていた作曲の先生がお遊びで、何の変哲もない、子供の頃からよく聴いていた海外の民謡のメロディーにすごく芸術的な和声(コード)をつけ、まるで違う曲の様に生まれ変わらせたのを聴かせてくれた事がありました。

面白かったです。

そして感動。 

と同時に、これを日常的に聴いて育つ人とそうでない人では、感性にもだいぶ差が出るのだろうなとも思いました。

身の回りから影響を受けてしまいますし、自分の経験していない事は自分から出したくたって出てきやしませんから。悲しいけど・・

 

私が、アレンジで面白いなと感じる部分の一つに、ありきたりではありますが、和声付けでドラマチックになったり、ストーリー性が出てきたりする部分があります。

アレンジ = コード決定を含んだそれ以降の工程全てを言うのですが、

コード付けひとつで、

そこで何を伝えたいのかが想像出来てしまうって、面白くありませんか?

私はそのあたりが妙に面白く感じてしまうのです。

で、

大概自分でイメージしていた事を、弾いてくれる人も同じような事を考えてくれていたりする事が多いのですが、それが分かるとまた楽しいなあ、と。


役者さんの表現方法のような感じかもしれません。

例えば、「唇を噛む動作をすると悔しさを表現できる」みたいな、伝え方の一つと似ているかもしれません。

 

アレンジって、ちょっとしたお遊び感覚です。

ハープで弾く事によって、原曲にさらなるストーリーが加わったら面白いなあと思いつつ、いつも皆さんが弾いている姿を想像しながら作っています。

 

◆「あなたが今弾いた“その”楽譜が欲しいんです」と思ったこと。ベストミュージックシリーズ誕生話。こちらの記事もいかが?👇

あなたが今弾いた、その楽譜が欲しいですと思った事



Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.