タイプの異なる3種類の小型ハープ、ベイビーハープ~サウルハープ~沙羅ハープの膝乗せ方法 画像

こんばんは。 今日は3種類の小型のハープを膝に乗せてみたいと思います。

それぞれタイプの違う3種類を用意しました。

足のどのあたりに置いているのかをご参考までに。

まずはおちびちゃんから。

ゴムのシートを敷く場合は、お好みで。100均等でも手に入ります。(玄関マットの下に敷いたりする物です) もっと可愛いのがあるかもしれません。

楽器があまり体に近づきすぎない方が安定しますよね。

お腹と楽器に三角形ができる感じ、でしょうか。

次です。

底辺が平らな楽器の場合です。

こちらも三角形出来ています。

結局どの小型でも同じなので、説明するほどのことでもないのですが・・・それを言ってしまうと何も書けなくなるのであえて。

こちらも意外とひざ寄りに楽器があるのが分かりますか?

どの楽器もあまり太もも寄りにならない方が、弾く時に手も自然な位置で構えることが出来ますし、安定すると思います。

要は、大きなアイリッシュハープで弾いている時の様な姿勢で、ラップハープも構えるように考えれば良いのだと思います。

お次です。



最後に足がついている場合です。
この角度からは見えませんがこちらも三角形あります。

この場合も、膝寄りです。

どのラップハープも同じですが、手で楽器を固定しようとすると、弾き方がおかしなことになるので、

膝乗せする場合は、最初に「膝乗せの練習」もされると良いです。

いきなりはちょっとハードル高いですよね。

慣れたら、両手をはなしてもフララフなんてしなくなりますので、大丈夫です。

ただ、衣服の生地によっては、滑りやすい生地は確かにあるので、最初の写真のゴムのシートを敷くと助かります。

◆以前に書いたこちらの関連記事もいかがですか?

ラップハープの乗せ方

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.