八分の六拍子が苦手な方へ。よく出てくるパターン②

こんばんは。毛利です。

昨日の6/8の説明、分かりましたでしょうか?

八分の六拍子が苦手な方へ。よく出てくるパターン①



 

今夜は昨日の形から、他にどんな形が作れるのかを、見て行きたいと思います。

上の段が昨日やった形です。

昨日は、1-2拍目が伸びていましたが、今日は2拍目も分けてみました。

タン タタタタ になります。

 

残っている1拍目も分けてみましょう。



タタタタタタ

これで、全部が16分音符になりました。

音が伸びていると気づかないかもしれませんが、見えない背後で、こんな均等な刻みが行われていたのですね。

 

この細かい子達が、互いに合体して伸び~る音に変化したり、分裂したりして、様々な「リズム」を作って行くのです。

 

 

例えばこんな風に↓



タンタタタン

とか、こんなのとか。



ターアタタン

これは非常によく出てきますよね。



あせらずに、時間をかけて、ゆっくり一つずつ見て行ってください。

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.